ビットコイン取引所の3社を比較調査しました。

ビットコイン取引所比較

人気のビットコイン取引所3社をメリットデメリットから比較して検討してみました。

coincheckのメリットデメリット

 

coincheckのメリットとしては、ビットコイン以外の仮想通貨であるアルトコインが12種類と豊富で国内の取引所の中ではもっとも多いものです。またウェブサイトはもちろんスマホ向けアプリも使いやすいのも魅力の一つですし、クレジットカードによる入金も出来ますが手数料は高めになります。

仮想通貨を定期で預けられるサービスがあり、最高年率5%が付与され、このため長期間の取引を行う場合にはcoincheckはお得です。

一方でデメリットとしては実質手数料であるスプレッドが高めに設定されています。これはレートに対して実際に対して上乗せされる価格のことですが、このスプレッドが高いと実際のレートよりも乖離した価格での売買といったものです。ただ長期的に保有して定期で預けるとった面では利息も付いて初心者向きのサービスになります。

 

bitFlyerのメリットデメリット

 

bitFlyerのメリットは、国内最大の取引所であることやbitFlyer経由で支払いができるお店も増えています。またビットコインを貰うといったサービスなど積極的に新サービスを投入している点も評価できるところです。

デメリットとしては手数料が高めなところで、スプレッドが高いので実際のレートより乖離した価格での売買になりますし、スマホアプリも用意されていませんからパソコンでトレードするタイプになります。ただ初心者でも難しくない取引方法やただでビットコインがもらえるサービスや仮想通貨を実際のお店で使えるようにするなどの努力をしており、また国内最大手の仮想通貨取引所ということで安心して取引ができるのが魅力です。

 

Zaifのメリットデメリット

 

Zaifのメリットは何と言っても手数料が安いということです。国内3社の取引所ではもっとも安く、さらにビットコインとモナーコインを取引するとマイナス手数料となり、取引するほどボーナスがもらえる仕組みです。また一定金額分の仮想通貨を購入し続けるといった積立投資も出来るので初心者にもおすすめできる取引所になります。

一方でデメリットはアプリやウェブの操作性があまり良くないという点で、またアルトコインの扱いも少なめです。さらに全般的に事務処理が遅く口座開設から取引開始まで時間が掛かるといったことやサーバーが不安定さがある点が大きなデメリットです。ただデメリットを除けばもっとも安く仮想通貨の取引ができます。

マイニングはパソコン苦手でもできるのか?

マイニングとは

ビットコインについて調べていくとブロックチェーン、最終的にはマイニングにたどり着きます。これがどのような仕組みで、取引のように稼げるかについて調べました。

 

概要

 

仮想通貨の取引には国や銀行など中央機関を持たず、P2Pを使ったシステムになります。そのため一定期間ごとに取引記録を取引台帳に追加で記録していくことで整合性を取る必要があり、これはコンピュータで計算可能です。しかし、これには膨大な計算量が必要になるため、有志のコンピュータのリソースを利用して対応しています。

この処理を行う際に無償ではリソースの提供を受けるのが困難になるため、記録の処理が成功した人に報酬として仮想通貨が新規発行される仕組みです。

報酬を受け取れるのは最初に成功した人だけであり、誰よりも早く作業をするために高性能のコンピュータを用意するための投資が必要となり、これが金などの採掘作業に似ていることからマイニングと呼んでいます。

 

必要なもの

 

マイニングを行うために重要になるのがグラボやCPUです。本来の役割としては高画質の映像を描画するためのものでゲーム用のPCなどで使用されますが、このパーツは演算能力が高いため高速計算を行うためにも利用できます。

様々な製品がありますが、選び方のポイントに仮想通貨との相性があり、特にな計算と苦手なものがあるのでマイニングを行う仮想通貨に合わせたものを利用しましょう。また、演算能力が高くなると電気の消費量も増加するため、利益を出すためには電気代の考慮も必要なのでコストパフォーマンスの高さも確認が必要です。

なお、重要なのはマイニングを高速計算できることなので、ゲーム用としては人気のないグラボでも仮想通貨と相性が良ければ問題ありません。

 

マイニングのやり方

 

マイニングのやり方は配布されているソフトをコンピュータにインストールして起動し、どの程度のリソースを使用するかなどを設定して計算が終わるのを待つもので、この間に他のことをしても構いません。方法としては1人で行うものと複数人で行うものがありますが、一般的な環境で行うのであれば複数人で行った方が良いです。

報酬は分配されるので低くなってしまうデメリットがありますが、1人で行うとコンピュータの性能が相当高くないと成功せずに全く報酬を受け取れません。成功できるだけの性能のコンピュータを用意しようとすると高額の投資が必要になります。1秒間に計算できる回数を表すハッシュレートが低い場合は複数人で行うのが無難です。

 

ブロックチェーンの仕組みやメリットについて調べてみました

話題のブロックチェーン

仮想通貨を調べると必ずと言ってよいほど出てくるブロックチェーン。これがどのような仕組みなのかを調査しました。

 

ブロックチェーンとは

 

仮想通貨に触れることで必ず目にするブロックチェーンというキーワードは、取引をするうえでとても重要な技術となっています。

商売をするうえで売り上げなどを管理するのに重要となる台帳と同じように、分散型台帳技術と言われるブロックチェーンは、仮想通貨の取引が始まってからいままでの内容を全て記録しています。この記録は一塊のデータではなく、ブロックと呼ばれる順序づけられたデータを連続的にリスト化し、各ブロックの順序が間違えられないようチェーンで繋がれているのです。

過去のブロックは理論上変更はできず、新しいブロックも内容が間違っていないかを確認した後に確定されます。この取引履歴や確認作業は一つどころでまとめるのではなく、ネットワーク参加者のパソコンのパワーを分け合って支えているのです。

 

どんなメリットがあるのか

 

ブロックチェーンは参加者の全てが少しずつ管理する仕組みで、完全に分散されているため、たとえパソコンが1台故障して参加できなくなったとしても、ブロックが消失したり、チェーンが切れるといったことはありません。

そして、取引データは過去のものと連鎖していることから、1部の記録を改ざんしたとしても、常に管理して整合性をとっているため、正しい取引であるかどうかがすぐにわかります。万が一でも1つのブロックが攻撃をうけて壊れても、別のブロックを参照することで自動修復が行われます。

取引ごとに暗号化した署名を用いるのもブロックチェーンの特徴で、なりすまし行為などが難しく、高い安全性を誇ることから仮想通貨の世界では信頼されている技術なのです。

 

ブロックチェーン技術を応用すると

 

仮想通貨の世界で利用されてきたブロックチェーンは、分散型台帳と呼ばれるように、取引や数字といった記録を証明できることから注目を集め、いまでは様々な業界で応用されています。

仮想通貨と似たようなポイントサービスも、集中的に注文を受けて高負荷となるのを分散させることで、サーバダウンなどの問題を解消し、スムーズな取引ができるようになるようです。

不動産取引では、権利譲渡に確認作業が必要になるのですが、過去の情報から整合性をとるブロックチェーンなら誤りかどうかをすぐに確認することができ、取引完了までの時間を短縮させることができます。他にも証券取引や貿易金融での信用取引など、過去の情報と現在の取引が合っているかを確認するのに最適な技術と考えられています。

 

zaifの評判について調査しました。

zaifとは

coincheckやbitFlyerと肩を並べるZaifですが、どのようなサービスで差をつけているか調査しました。

 

手数料が安い

 

仮想通貨取引で手数料が安いという点がzaifのメリットの一つです。仮想通貨の種類によっては手数料の違いがありますが、マイナス手数料の場合には取引するごとにマイナス手数料が発生し次の日に手数料分をもらうことができます。

そのため、板をみながら短期で取引を繰り返す方の場合には、手数料を気にせず取引できるためメリットは大きいといえます。仮想通貨の場合には価格の変動が激しいため短期であってもそれなりの利益を出せる可能性があり、一日のうちに何回も売買を繰り返すには、zaifの手数料の安さは大きなメリットといえます。

ビットコインやそれ以外の仮想通貨も取り扱っているため気軽に取引を楽しみたいという場合にはzaifに口座を作り取引してみましょう。

 

トークンも買える

 

トークンは、仮想通貨のブロックチェーンを利用して作られた仮想通貨とイメージしましょう。zaifの場合には、いくつかのトークンを扱っているため、興味がある方は取引してみるというのも一つの方法です。

その中でも、Zaifトークンは取引が頻繁に行われているため、価格が変動しやすいという特徴があります。価格が安い時期に購入しておけば価格が暴騰した際に売ることでそれなりの利益を得ることも可能です。また、他のトークンに関しても取引が盛んでない場合であっても価格が高騰する可能性もゼロではありません。そのため、興味のあるトークンがある場合には購入しておきある程度長期的に保有してみるというのも一つの方法といえます。

 

評判

 

zaifの評判として手数料の安さだけでなく、いくつかの仮想通貨やトークンの取り扱いをしている点から口座を開設する方もいます。また、チャットもあるためチャットでさまざまな方との交流を楽しむことを目的にしている方も少なからずいるという点からさまざまな目的でzaifを利用している方もいます。

取引量が増えるとアクセスが集中しサイトへの負荷がかかりサーバー的に弱い面もありますが、少しずつサーバーも強化傾向にありスムーズな取引を行えるように徐々に改善されつつあります。

興味がある仮想通貨やトークンなどがある場合には、手数料が比較的安いzaifで取引をしてみるというのも一つの手段です。他の取引所と比較しても手数料の安さとしてはzaifの特徴の一つであり取引をする側からすればメリットといえます。

広告でよく見るbitFlyerについて調査しました。

bitFlyerについて

CMやスマートニュースなどでよく見かけるbitFlyerはなぜ人気なのかについて迫りました。

 

ライトニングFXについて

 

ライトニングFXは取引所でのビットコイン現物売買と似たようなトレードを行うシステムで、名前の通りFXと同じように証拠金を預入れ、チャートの差額から仮想通貨の利益を生む方法となっています。

つまり、仮想通貨を利用した証拠金取引であり、最大の特徴であるレバレッジが利用できることで高い流動性を誇っています。レバレッジは自己資金より大きな額の取引ができるというもので、最大15倍までが可能となっており、証拠金を4万円預入れすれば最大で60万円の取引額が可能ということになります。

bitFlyerはユーザー数が多いことでも有名ですが、この倍率により多くのトレードが行われ、現在は国内のビットコインの取引高No.1として知られています。

 

手数料は安いのか

 

国内でもビットコインの取引量が多く大手となっているbitFlyerは、様々なサービスを打ち出していますが、それぞれに手数料がかかることもあるので注意したいところです。

まず、利用に必要なアカウント登録、およびその維持に対する費用は無料となっています。必要となるのはビットコインの簡単取引所、bitFlyer Lightning現物の売買手数料となっており、取引量に応じて0.01%~0.15%で計算されます。ライトニングFXは今のところ無料となっていますが、スワップポイントが発生するので注意しましょう。

また、販売所では隠れ手数料というものがあり、取引所と比べると5%前後と高い金額になることもあります。タイミングによりますが、ビットコインを購入する際は、手数料を考えて取引したいところです。

 

評判・口コミについて

 

取引高No.1でユーザー数も多いことから、bitFlyerの評判は実に様々なものがあります。特に多い好意的な口コミとしては大手であることの信頼性と使いやすさで、次に口座開設が速く済むことです。

やはり大手であれば誰もが納得できるというのは強いようで、これがユーザー数を獲得する一因になっています。口座開設の速さは間違いなく、登録してから当日に取引などができるため、思い立ったらすぐ行動したい人には高評価となっています。

ただし、口座開設後に送られてくるハガキがないと他の取引所へ送金できないので、全ての機能が使えるというわけではありません。また、bitFlyerは手数料が高いという声も多く、これに悩まされる人もいるようなので取引を開始する前にしっかり確認しておきましょう。

 

coincheckについて詳しく調査

チャートが見やすい

 

coincheckで仮想通貨を買ったら、スマートフォンにアプリを入れておくと便利です。仮想通貨を買ったらその価格が今下がっているのか上がっているのかとても気になりますが、そんな時にいつでもどこでも確認できます。

価格を確認して今買いたい、売りたいといった場合でもすぐ取引できるので、チャンスをのがしません。チャートがシンプルで見やすいこともcoincheckのアプリの特徴で、線チャートとロウソク足チャートの二種類を見ることが出来ます。

チャートの下方で、表示する期間も選べるようになっているので、1時間・1日・1週間・1か月・1年の中から見たいものをタップするだけで、その推移をチェックできます。また、プッシュ通知機能もあります。

 

手数料が高い

 

coincheckは手数料が高いということはよく言われていることです。しかし、手数料が高くてもcoincheckがおすすめな理由がたくさんあります。

一番の理由は、サーバーが強いという事です。仮想通貨には一日で価格が大きく変動するものがありますが、今すぐに取引したいのにサイトにアクセスできないということも珍しくありません。

他には、扱っている仮想通貨の多さがトップクラスで良い銘柄が揃っている、サイトがわかりやすく初心者でも取引しやすいなどがあります。

coincheckは販売所と取引所の二つを兼ね備えており、特に取引所はビットコインの取引手数料が安い、もしくはかからないこともありますが、自分の欲しいときに売り買いできない場合もあります。

 

評判を調査

 

仮想通貨をこれから買いたいと考えている人やその取引所は増えていますが、中でもcoincheckは知名度が高く知っている人も多いです。経営者が顔を出してSNSで情報を積極的に発信していることでも話題になりました。

そして、何よりサイトやアプリが初心者にも見やすく、わかりやすいところも好評です。また、メールなどで問い合わせをした時の対応の良さも評価されていて、安心して取引できると評判でしたがNEM盗難の事件が起きてユーザー離れが考えられます。

それ以外にも、なりすましによる不正ログインの被害も保証してくれるというアナウンスがあったことに注目が集まっています。二段階認証をしているユーザーが対象で、一回に付き最大100万円の保証があるというものです。coincheckはCMの効果もあり、新規ユーザーが増えて盛り上がりを見せていましたが今後はどうなることか。

ビットコインとは?について調べました

話題のビットコインに興味を持ったので詳しく調べてみました。

 

概要

ビットコインとは仮想通貨の一種で、よく混同される電子マネーとは異なります。その違いは、誰が管理しているかにあります。電子マネーは、発行する企業にお金を支払うことでそのサービスを受けることが可能になります。あくまで企業を相手としたサービスであるため、BtoCでしかやり取りができません。

しかし、ビットコインには明確に異なる点があります。それは、発行元や発行責任者が存在しないことです。ビットコインの場合は、「マイニング」というビットコインネットワーク管理の対価として発行されます。そのため、BtoCはもちろん、所持者同士での送金などCtoCでのやり取りが可能です。

ビットコインをわかりやすく一言で言うと「バーチャル上のお金」です。ただし、これも実際のお金は中央銀行が管理している点で一線を画します。

 

仕組み

ビットコインは国家や企業が管理していないと述べました。誰も管理していない通貨など信用されるわけがありません。海辺に落ちている貝殻を「これはお金です」と言い出してもだれも相手にしませんし、例え一時的に価値が認められたとしても、誰かが大量に発行してしまえば通貨の価値は暴落します。

では誰が管理しているのかというと、ビットコインは「コンピューターネットワーク」によって管理されています。発行から取引情報まで、分散されたコンピューターネットワークに、まるで実際の台帳のように詳細な情報のすべてを記録しているのです。

また、電子マネーとビットコインでも触れましたように、この取引台帳は中央管理を不要としている点が最も特徴的なカラクリです。

 

購入方法

ビットコインを購入するためには取引所を利用することが最もベターな購入方法です。ビットコインユーザー同士で直接売買する方法や、ビットコインATMを利用する方法もありますが、これから始める人はなるべくスムーズな取り引きを行うためにも、仲介サービスを利用する方が無難です。

ビットコインを扱う取引所は複数存在し、手数料や入金速度の違いがあります。bitFlayerやcoincheckが有名です。bitFlayerは取引量やユーザー数、資本金ともトップクラスでその信頼性は非常に高いです。また、coincheckは売買手数料無料という利点があり、その勢いはbitFlyerにも迫ります。

ビットコインを購入するには、まずアカウントの作成が必要です。登録が完了したら、入金を行い、後は実際にトレードするだけとシンプルに始めることができます。

キャッシングでは自分の情報などは閲覧はできる

By: Teresa Boardman

キャッシングの新規申込をしている方は、たまに既にどこか別の会社を利用しています。新規申込をした会社を、仮にAとしましょう。そのAを利用する前に、別の会社Bとお付き合いがあるケースです。そのパターンでは、Bの状況が重視される事になります。そもそも金融会社としては、やはり返してもらう事を希望しているのです。それを返してもらう事で成り立つビジネスだからです。

そして金融会社は、Bの会社の状況を確認する事ができます。つまり遅れなどが発生していないかどうかを、調べる事は可能なのですね。仮にBの会社で遅れなどが発生していた場合は、もちろんAで借りるのは難しくなる傾向があります。またBで何か事故があって、士業の方々に相談をしていたような時にも、Aから借りるのが難しいことがあるのです。

ではAはどうやってその状況を確認できるかと申しますと、金融会社独特のシステムがあるのです。金融業界では会社同士のコネが非常に強いもので、情報共有のシステムがあります。それを用いると、Bの情報などは簡単に分かってしまうのですね。ちなみに画面には、その情報が赤く表示されるようなのですが。ですので過去に事故を起こした方の場合は、ちょっと難しくなりますので注意が必要です。

ところでAから借りようと思う方としては、Bの状況が気になる事も多いですね。過去にB社とのお付き合いがあったものの、現在の自分の事故情報はどうなっているか、気になる方も見られるのです。事故情報が登録されている事を知って入れば、とりあえずA社に対する申込を回避する事もできるからです。

その情報は、実は確認できるのですね。金融業界におけるある会社に連絡をしますと、自分の事故情報などを閲覧する事はできます。いわゆる紙媒体で、その情報をチェックできるのですが。ですので新規申込をする時に自分の事故情報が気になっているような時には、ちょっと金融業界の特定の会社に連絡をして、確認をしてみるのも一法でしょう。
参考:キャッシングの基礎知識

キャッシングで銀行口座の残高不足を解消しました

By: Moyan Brenn

ネットショップでバーゲンが開催されていてワンピースや靴などちょっと買い過ぎてしまったことがありました。ネットショップで買い物をするときはいつもクレジットカードを使っているのですが自分でもちょっと買い過ぎたかも知れないと不安になり銀行の口座残高を調べてみたところ残出不足になっていることが判りました。以前に残高不足でクレジットカード代金が払えないとブラックリストに載ってしまうと聞いたことがあったのを思い出しとても不安になりました。

ブラックリストに載ってしまうと信用情報機関で情報が共有されてしまい新しいクレジットカードを作ることも消費者金融の審査に通ることもできなくなると聞いたことがあったのです。このままでは大変なことになってしまうと焦った私はすぐに対策を検討し始めました。検討した結果、私が思いついたのはブラックリストに載る前に消費者金融に申し込んでお金を借りて口座の残高不足を解消するという案です。もうこれしかないと思い私はすぐにネットで検索して審査が通りやすくてすぐにお金を貸してくれそうな消費者金融を探しました。

ちょっと検索すると審査が早く振り込みも早いと評判な消費者金融があったのでそこに申し込むことにしました。私は申し込んだのはテレビのCMで何度か見たことがあった消費者金融の会社でお金を借りても大丈夫だろうと思いました。申し込みにはスマホを利用しました。専用のアプリが用意されていたので申し込み自体はとても簡単に行うことができました。

私は社会人3年目のOLで今まではお金でトラブルを起こしたことはいちども無かったので審査は何事も無く通りました。借りたお金は私の銀行口座に振り込まれていたのでそれで口座残高不足を無事に解消することができ本当にホッとしました。借りたお金は何回かに分けて返済することにしました。申し込みから審査、そしてお金の振り込みまで本当にスムーズでした。このことがあってから私はクレジットカードで買い物をするときは口座残高のことをちゃんと考えるようになりました。

申し込みをした即日にお金を借りられて助かりました

By: Alberto ….

消費者金融から短時間でお金を借りることができてとても助かったことがありました。少額でしたがとにかくすぐお金を用意しなければならなくなってしまいどうしようかと迷った末、消費者金融に申し込みました。ネットでお金を貸してくれそうなところを探してみましたが銀行は審査まで時間がかかるということだったので諦めました。もともと私はフリーターなので銀行に申し込んでも断られていたと思います。

そうなると私が利用できそうなところは消費者金融しかありません。消費者金融に申し込むしかありませんでしたがブラック金融など聞いたことがあったので後からトラブルになることがないよう注意しました。テレビでコマーシャルを流しているような有名な消費者金融であれば大丈夫だろうと思いネットでのクチコミなども確認して申し込む消費者金融を選びました。

フリーターでも借りられて安心して利用できて短時間でお金を借りられるというところです。無人契約機がある店舗も近所にはあったのですがインターネットでも申し込みが可能とホームページに出ていたので自分の部屋からパソコンを使い申し込みをしました。審査に落ちないためには自分の情報は嘘は書かないで全て正確に記入しましまた。

正社員のほうが借りやすいとは思いますがフリーターだと正確に申告しました。身分証明書としては自動車免許証が使えたのでケータイで写真を撮りそれをネットで送信しました。申し込み手続きは思っていたより本当に簡単でした。その後にあった審査もスムーズに進みその日の午後にはお金を借りることができました。

そのお金を使い何とか私は用事を済ますことができてホッとしました。借りたお金は利息はバイト代が出るとすぐにコンビニのATMから一括完済しました。借りてから30日以内に一括完済すれば利息が付かない契約だったので利息を1円も払わずに済みました。今回のことで消費者金融についていろいろと判ったので次に借りるときはもっと気軽に利用できると思います。