ブロックチェーンの仕組みやメリットについて調べてみました

話題のブロックチェーン

仮想通貨を調べると必ずと言ってよいほど出てくるブロックチェーン。これがどのような仕組みなのかを調査しました。

 

ブロックチェーンとは

 

仮想通貨に触れることで必ず目にするブロックチェーンというキーワードは、取引をするうえでとても重要な技術となっています。

商売をするうえで売り上げなどを管理するのに重要となる台帳と同じように、分散型台帳技術と言われるブロックチェーンは、仮想通貨の取引が始まってからいままでの内容を全て記録しています。この記録は一塊のデータではなく、ブロックと呼ばれる順序づけられたデータを連続的にリスト化し、各ブロックの順序が間違えられないようチェーンで繋がれているのです。

過去のブロックは理論上変更はできず、新しいブロックも内容が間違っていないかを確認した後に確定されます。この取引履歴や確認作業は一つどころでまとめるのではなく、ネットワーク参加者のパソコンのパワーを分け合って支えているのです。

 

どんなメリットがあるのか

 

ブロックチェーンは参加者の全てが少しずつ管理する仕組みで、完全に分散されているため、たとえパソコンが1台故障して参加できなくなったとしても、ブロックが消失したり、チェーンが切れるといったことはありません。

そして、取引データは過去のものと連鎖していることから、1部の記録を改ざんしたとしても、常に管理して整合性をとっているため、正しい取引であるかどうかがすぐにわかります。万が一でも1つのブロックが攻撃をうけて壊れても、別のブロックを参照することで自動修復が行われます。

取引ごとに暗号化した署名を用いるのもブロックチェーンの特徴で、なりすまし行為などが難しく、高い安全性を誇ることから仮想通貨の世界では信頼されている技術なのです。

 

ブロックチェーン技術を応用すると

 

仮想通貨の世界で利用されてきたブロックチェーンは、分散型台帳と呼ばれるように、取引や数字といった記録を証明できることから注目を集め、いまでは様々な業界で応用されています。

仮想通貨と似たようなポイントサービスも、集中的に注文を受けて高負荷となるのを分散させることで、サーバダウンなどの問題を解消し、スムーズな取引ができるようになるようです。

不動産取引では、権利譲渡に確認作業が必要になるのですが、過去の情報から整合性をとるブロックチェーンなら誤りかどうかをすぐに確認することができ、取引完了までの時間を短縮させることができます。他にも証券取引や貿易金融での信用取引など、過去の情報と現在の取引が合っているかを確認するのに最適な技術と考えられています。