広告でよく見るbitFlyerについて調査しました。

bitFlyerについて

CMやスマートニュースなどでよく見かけるbitFlyerはなぜ人気なのかについて迫りました。

 

ライトニングFXについて

 

ライトニングFXは取引所でのビットコイン現物売買と似たようなトレードを行うシステムで、名前の通りFXと同じように証拠金を預入れ、チャートの差額から仮想通貨の利益を生む方法となっています。

つまり、仮想通貨を利用した証拠金取引であり、最大の特徴であるレバレッジが利用できることで高い流動性を誇っています。レバレッジは自己資金より大きな額の取引ができるというもので、最大15倍までが可能となっており、証拠金を4万円預入れすれば最大で60万円の取引額が可能ということになります。

bitFlyerはユーザー数が多いことでも有名ですが、この倍率により多くのトレードが行われ、現在は国内のビットコインの取引高No.1として知られています。

 

手数料は安いのか

 

国内でもビットコインの取引量が多く大手となっているbitFlyerは、様々なサービスを打ち出していますが、それぞれに手数料がかかることもあるので注意したいところです。

まず、利用に必要なアカウント登録、およびその維持に対する費用は無料となっています。必要となるのはビットコインの簡単取引所、bitFlyer Lightning現物の売買手数料となっており、取引量に応じて0.01%~0.15%で計算されます。ライトニングFXは今のところ無料となっていますが、スワップポイントが発生するので注意しましょう。

また、販売所では隠れ手数料というものがあり、取引所と比べると5%前後と高い金額になることもあります。タイミングによりますが、ビットコインを購入する際は、手数料を考えて取引したいところです。

 

評判・口コミについて

 

取引高No.1でユーザー数も多いことから、bitFlyerの評判は実に様々なものがあります。特に多い好意的な口コミとしては大手であることの信頼性と使いやすさで、次に口座開設が速く済むことです。

やはり大手であれば誰もが納得できるというのは強いようで、これがユーザー数を獲得する一因になっています。口座開設の速さは間違いなく、登録してから当日に取引などができるため、思い立ったらすぐ行動したい人には高評価となっています。

ただし、口座開設後に送られてくるハガキがないと他の取引所へ送金できないので、全ての機能が使えるというわけではありません。また、bitFlyerは手数料が高いという声も多く、これに悩まされる人もいるようなので取引を開始する前にしっかり確認しておきましょう。