ビットコインとは?について調べました

話題のビットコインに興味を持ったので詳しく調べてみました。

 

概要

ビットコインとは仮想通貨の一種で、よく混同される電子マネーとは異なります。その違いは、誰が管理しているかにあります。電子マネーは、発行する企業にお金を支払うことでそのサービスを受けることが可能になります。あくまで企業を相手としたサービスであるため、BtoCでしかやり取りができません。

しかし、ビットコインには明確に異なる点があります。それは、発行元や発行責任者が存在しないことです。ビットコインの場合は、「マイニング」というビットコインネットワーク管理の対価として発行されます。そのため、BtoCはもちろん、所持者同士での送金などCtoCでのやり取りが可能です。

ビットコインをわかりやすく一言で言うと「バーチャル上のお金」です。ただし、これも実際のお金は中央銀行が管理している点で一線を画します。

 

仕組み

ビットコインは国家や企業が管理していないと述べました。誰も管理していない通貨など信用されるわけがありません。海辺に落ちている貝殻を「これはお金です」と言い出してもだれも相手にしませんし、例え一時的に価値が認められたとしても、誰かが大量に発行してしまえば通貨の価値は暴落します。

では誰が管理しているのかというと、ビットコインは「コンピューターネットワーク」によって管理されています。発行から取引情報まで、分散されたコンピューターネットワークに、まるで実際の台帳のように詳細な情報のすべてを記録しているのです。

また、電子マネーとビットコインでも触れましたように、この取引台帳は中央管理を不要としている点が最も特徴的なカラクリです。

 

購入方法

ビットコインを購入するためには取引所を利用することが最もベターな購入方法です。ビットコインユーザー同士で直接売買する方法や、ビットコインATMを利用する方法もありますが、これから始める人はなるべくスムーズな取り引きを行うためにも、仲介サービスを利用する方が無難です。

ビットコインを扱う取引所は複数存在し、手数料や入金速度の違いがあります。bitFlayerやcoincheckが有名です。bitFlayerは取引量やユーザー数、資本金ともトップクラスでその信頼性は非常に高いです。また、coincheckは売買手数料無料という利点があり、その勢いはbitFlyerにも迫ります。

ビットコインを購入するには、まずアカウントの作成が必要です。登録が完了したら、入金を行い、後は実際にトレードするだけとシンプルに始めることができます。