マイニングはパソコン苦手でもできるのか?

マイニングとは

ビットコインについて調べていくとブロックチェーン、最終的にはマイニングにたどり着きます。これがどのような仕組みで、取引のように稼げるかについて調べました。

 

概要

 

仮想通貨の取引には国や銀行など中央機関を持たず、P2Pを使ったシステムになります。そのため一定期間ごとに取引記録を取引台帳に追加で記録していくことで整合性を取る必要があり、これはコンピュータで計算可能です。しかし、これには膨大な計算量が必要になるため、有志のコンピュータのリソースを利用して対応しています。

この処理を行う際に無償ではリソースの提供を受けるのが困難になるため、記録の処理が成功した人に報酬として仮想通貨が新規発行される仕組みです。

報酬を受け取れるのは最初に成功した人だけであり、誰よりも早く作業をするために高性能のコンピュータを用意するための投資が必要となり、これが金などの採掘作業に似ていることからマイニングと呼んでいます。

 

必要なもの

 

マイニングを行うために重要になるのがグラボやCPUです。本来の役割としては高画質の映像を描画するためのものでゲーム用のPCなどで使用されますが、このパーツは演算能力が高いため高速計算を行うためにも利用できます。

様々な製品がありますが、選び方のポイントに仮想通貨との相性があり、特にな計算と苦手なものがあるのでマイニングを行う仮想通貨に合わせたものを利用しましょう。また、演算能力が高くなると電気の消費量も増加するため、利益を出すためには電気代の考慮も必要なのでコストパフォーマンスの高さも確認が必要です。

なお、重要なのはマイニングを高速計算できることなので、ゲーム用としては人気のないグラボでも仮想通貨と相性が良ければ問題ありません。

 

マイニングのやり方

 

マイニングのやり方は配布されているソフトをコンピュータにインストールして起動し、どの程度のリソースを使用するかなどを設定して計算が終わるのを待つもので、この間に他のことをしても構いません。方法としては1人で行うものと複数人で行うものがありますが、一般的な環境で行うのであれば複数人で行った方が良いです。

報酬は分配されるので低くなってしまうデメリットがありますが、1人で行うとコンピュータの性能が相当高くないと成功せずに全く報酬を受け取れません。成功できるだけの性能のコンピュータを用意しようとすると高額の投資が必要になります。1秒間に計算できる回数を表すハッシュレートが低い場合は複数人で行うのが無難です。